ベースメイク、ファンデーションが浮いてくる原因と対策

ベースメイク、ファンデーションが浮いてくる原因と対策

毎朝一生懸命ベースメイクをしているのに、すぐにファンデーションが浮いてきて頻繁に化粧を直さなければならなくて困っているという方は恐らく多いことでしょう。朝は綺麗だったのにと気分も下がってしまいますね。

 

ファンデーションが浮きやすい原因を知ることでしっかりと対策ができ、メイク直しの頻度を減らすことができるようになります。

 

ファンデーションが浮きやすい原因は皮脂

 

まずなぜファンデーションが浮いてしまうのかというと、最もわかりやすい原因は汗です。汗をかくと顔を水で濡らしたような状態になるわけですから、その水によってメイクが崩れてしまうということは想像に難くないでしょう。

 

実はそんな汗以上に化粧崩れの原因となっているのが皮脂です。皮脂が過剰に分泌されると肌の上に膜のようなものができてしまいます。

 

ファンデーションはその膜の上に乗っているような状態になるため、よれてしまったりテカってしまったりするのです。皮脂を吸着するファンデーションなどもありますが、それでも吸着しきれなくて化粧崩れの原因となることもあります。

 

皮脂の過剰分泌の原因である乾燥に注意

 

皮脂は普段から分泌されているものなのですが、それが過剰に分泌されてしまうことがファンデーションが浮く原因になってしまっている場合があります。

 

実は皮脂の過剰分泌は乾燥が原因であることが多くなっています。肌というのは乾燥するとこれ以上水分が逃げないようにしようと考え、皮脂を過剰に分泌するという性質があります。

 

つまり冬の空気や夏のエアコン、紫外線などの影響によって肌が乾燥してしまえばしまうほど皮脂が多く分泌され、ファンデーションを溶かすような形になってしまっているというわけなのですね。

 

ちなみに皮脂は乾燥によって分泌量が増えてしまうものですから、過剰にあぶらとり紙などを使ってしまうと、肌は水分が足りないんだと解釈して更に皮脂を増やしてしまうという悪循環に陥る可能性があることは注意しておきましょう。

 

ファンデーションを浮かせない工夫

 

ファンデーションが浮いてしまう原因がわかったところで、浮かせない工夫を考えてみることが大切です。まずなんといっても重要なのがメイク前のスキンケアですね。化粧崩れ最大の原因は肌の乾燥であるため、しっかりと保湿をすることが必要です。

 

洗顔時にも注意をしてみましょう。熱いお湯で洗ってしまうと肌を乾燥させてしまいますし冷たい水だと汚れが落ちづらいため、ぬるま湯で優しく洗ってあげるようにします。この時あまり時間をかけずに手早く行うことがポイントです。洗顔をしたら化粧水や乳液などでしっかりと保湿をしてあげましょう。

 

この他にもピーリングなどでごわついた角質を取り去ったり、ベースメイクが密着しづらい原因となっている産毛を処理するなどの工夫も有効です。ファンデーションが浮きやすいと感じたらまず肌の状態を確認し、浮かせない工夫をしていきたいものですね。

トップへ戻る